日本人にとって米は、遠い昔から伝承されてきた食の原点です。
弥生時代から始まった稲作を祖先は勤勉に、時代の変革、変動に対応し稲作文化を創り上げ、美田を私たちに継承してくれました。

本来、稲作は土、水、緑の三位一体の栽培農法です。
豊かな土ときれいな水によって初めて安全で美味しい米になります。

下田郷は山、緑、水の里とも言われ、今も昔のままの美しい自然が多く残っています。
面積の90%以上を天然林におおわれる山間の盆地と、酸素濃度の澄み渡った水源は米の生育には理想的な土地です。

寒暖の差は年間を通じて気温差は36℃以上になり、真夏の昼夜の温度較差は10℃を超えています。

「寒暖の差」が著しいほど、稲穂は光合成を盛んに行いでんぷんを増し、栄養とうま味を蓄積して、おいしい米になります。

下田産コシヒカリの作付け面積は新潟県中越地方の全稲作面積の約1%です。

昔から「美味しい米」として評価を頂きながら、山間地域であることで米の生産が難しく、出荷数が限られてしまうために、「まぼろしの米」と言われています。

私たち轍は有機質肥料を使い、農薬を減らした生態系に配慮する豊かな土と四方を山に囲まれ、幾つもの源流を有するきれいな水で手間と時間をかけて作られる下田産コシヒカリの調達を確立しました。


新潟県三条市旧下田村の、有機質肥料で栽培した数量限定の「コシヒカリ」です。
新潟県認証の有機質肥料を50%以上使用し、化学合成農薬を慣行栽培の80%以上減らした「特別栽培農産物」です。

「轍米」として本物のおいしさを自信を持ってお届けします。